10月, 2014年

印紙の消印についてあれこれ

2014-10-08

今日は、個人事業主さん・小さな会社の社長、経理の方に向けて印紙の消印の方法について書きます。

 

 

 

先日、ご質問をいただきました。
「印紙には割印って必要なの?だれのハンコでもいいの???」

hanko

(自分でイメージ画像を撮ってみました・・・・・)

 

 

印紙には「消印」をしなければならないことになっています。
消印をして初めてその印紙が「使用済」であり、
印紙税を「納付」したことになります。

 

 

消印については、

文書の作成者又は、
代理人、
使用人
その他の従業者

の「印章」または「署名」によることとされています。

 

つまり、
印章、でなく署名、でもよいとされています。
また、
必ずしも文書の作成者ではなくてもいいこととなっています。

 

 

 

 

印章につきましても、
通常の印鑑でなくても、
氏名、名称などを表示した日付印、
役職名、名称などを表示したゴム印のようなものでも差し支えありません。
(といっても実務的には通常の印鑑を押す場合が多いかとは思いますが・・・)

 

 

署名につきましては、
自筆によりますが、
その表示は氏名に限らず通称、商号のようなものでも構いません。
ただ、斜線を引いただけ、といったものは署名にはあたりませんので消印とはなりません。

 

 

 

また、契約書など、複数の方々で共同して作成する書類に貼る印紙について、
当事者全員の消印が必要ではないかというご心配をされる方がいらっしゃいますが、
どなたかおひとりの消印があれば差し支えありません。

 

今後の印紙の消印の際に、ご参考にしていただければ幸いです。

 

相模原・古淵の金森洋二税理士事務所がお届けしました~。

 
注)この記事は記事投稿日時現在の各種法令、規則等に従い作成しております。なお、この投稿はあくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

創業記念品に税金?

2014-10-06

今日は会社を設立してある程度の期間が経過した会社の社長さんにむけて記事を書きます。

 

 

 

会社が従業員に通常の給与以外に支払ったお金や、支給した物品などについて、
「給与」として所得税・住民税がかかる場合があります。

よく、解説書などで「給与課税」と言われるのはこの場合を指します。

(会社からすれば経費(給与手当など)になりその分会社の税金は減るが、個人には税金が課される。)

ただし、給与課税されないものもあります。

そのひとつが、会社が周年の際に渡す「創業記念品」です。

 

 

 

 

創業記念品が給与課税されないための要件は、

①支給する記念品が社会一般的にみて記念品としてふさわしいものであること。
②記念品の処分見込価額による評価額が1万円(税抜き)以下であること。
③創業記念のように一定期間ごとに行う行事で支給をするものは、おおむね5年以上の間隔で支給するものであること。

の3つです。

 

 

 

では、従業員以外に創業記念品を支給した場合はどうなるでしょうか?

その場合は、

・元従業員への支給 → 従業員と同様(給与課税なし)
・従業員以外(取引先など)への支給 → 交際費扱い

となります。

元従業員も従業員と同じ扱い、というところは特にご注意くださいね。

 

 

 

 

こんなときって給与課税になるのか心配・・・というお客様は、
相模原・古淵の金森洋二税理士事務所 にお問い合わせください。

法人のお客さまへ

 

注)この記事は記事投稿日時現在の各種法令、規則等に従い作成しております。なお、この投稿はあくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。

たまご屋さんのカフェ「Sweet eggs」(麻溝台)でパンケーキ

2014-10-03

今日は相模原市内の話題のカフェに行った話を書きます。

 

 

 

先日、家族のリクエストで、麻溝台にあるカフェ「Sweet eggs」さんに行ってきました。

相模原市外の方はあまりご存じないかと思いますが、
麻溝台は、鶏舎がいくつもあり、卵で有名なエリアなのです。

その中でも有名なお店のひとつ、小川フェニックスさん。

(小川フェニックスさんといえば、プリンも有名ですが)

その小川フェニックスさんの卵の直売所に併設されたカフェが
「Sweet eggs」さん。

ご近所のウワサやブログにもよく出ていたので気になっておりました。

 

 

 

我が家は、

パンケーキ、オムライス、カルボナーラをオーダー。

中でも好評だったのは、
パンケーキと、オムライスでございました。

新鮮卵を使って、ふんわり、かつしっかりとしたパンケーキ。
とても美味しかったです。

FullSizeRender

 

実は、料理を待っている間にひとつのサプライズが。

なんと、ゆで玉子が無料で食べ放題とのこと。

食べないわけがありません。

IMG_4658 (1)

これがまた、何とも美味しくて・・・

帰りには併設されたお店(スイーツや野菜などが売られていました)にて、
「シュークリーム」を購入して帰りました。
(このシュークリームが、カスタードがトロトロでまた美味)

 

たまご満喫な時間でございました。

 

相模原のスイーツ情報にちょっとだけ詳しい
金森洋二税理士事務所です

コピー代ってなに費?

2014-10-01

今日は個人事業主さんや会社の社長さん・経理担当者さんに向けてコピー代についての記事を書きます。

 

 

「コピー代の勘定科目って何?」

会計処理のとき、手が止まる方がいらっしゃるかもしれません。

結論としては、

・消耗品費

でよろしいかと思います。

「消耗品費」と別に事務的なものを区分して経理したい場合は

消耗品人は別に「事務用品費」で処理するという手もあります。

 

 

 

「雑費」でもいい??

雑費で経理しても間違いではありませんが、
こちらの記事で書きました通り、
少額でない場合は、なるべく特定の科目にしてしまった方がいいですね。

 

 

コピー代、というと

「コンビニなど、お店でコピーした時のコピー代」

もありますし、

「オフィス内に設置したコピー機のカウンター料金」

もあるかと思います。

 

 

どちらであっても「消耗品費」で問題ありません。

あまりこの辺は考え過ぎずにスパッと経理していきましょう。

 

 

 

「なかなかスパスパ経理できない・・・」とお悩みの皆様は、
相模原・古淵の金森洋二税理士事務所にご相談ください。

Newer Entries »
Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.