年末調整・確定申告のための証明書が届く季節です。

2014-10-13

今日は、年末調整・確定申告の際につかう、各種証明書について書きます。

koujyo

この時期になると、いろいろなところから
「控除証明書」などが入った封筒が届きます。

年末調整や確定申告の際に必要になる証明書なのですが、
提出まで1~2か月空いたりするので

「失くしてしまった!」なんていうことがあります。

 

そんなことにならないように、以下のものについては、どこか一つの場所にまとめておきましょう。

□ 生命保険料控除証明書(一般・介護医療用)
□ 共済掛金証明書(一般・介護医療用)・・・契約が共済契約の場合、こういった名前になります。
□ 地震保険料控除証明書
□ 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書・・・こちらは毎年11月頃に送付されることが多いです。
□ 小規模企業共済 掛金払込証明書
□ 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書

 

なお、その他、私が仕事でよく聞かれる点について以下にいくつかメモしておきますね。

・健康保険について、社会保険に加入しておらず、「国民健康保険」をお支払いの方につきましては、証明書は発行されません。
(自治体によっては翌年初めに年間支払額の案内がきますがそれは証明書ではありません。)
国民健康保険の場合は1~12月の実際支払額をメモしておきましょう。

・医療費の領収証、寄附金の領収証は年末調整では使いません。確定申告の際に使用します。

 

 

証明書は税金の控除に使える大切なものですから、きちんと保管しておきましょうね!

 

 

会社の年末調整処理が面倒だ・・・今年は税理士に頼みたい・・・
そんな時は、相模原・古淵の金森洋二税理士事務所へどうぞ。
(東京・神奈川エリア対応いたします)


Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.