消耗品費?事務用品費?どっち?!

2014-10-15

今日は会計ソフトで経理処理をされている方向けに記事を書きます。

dentaku
会計ソフトで処理をしていると、

「消耗品費」

という科目と、

「事務用品費」

という科目があり、
「コレはどっちで経理したらいいの?」
と迷われるケースがありませんか?

 

税金の計算上でいうと、業務上使ったものであれば、どちらで経理しても構いません。

 

 

私が処理する場合はよっぽどのことがない限り
「消耗品費」
で統一して処理をしています。

 

 

 

では「よっぽどのこと」
とはどういう時か?

 
会社(または事業)の経費をご自身でチェックする場合に

「文具などの事務用消耗品」と
「業務で使う日用品など」

を分けて管理したい場合には勘定科目も分けてしまいましょう。

「文具などの事務用消耗品」は→「事務用品費」
「業務などで使う日用品など」は→「消耗品費」

となります。
それらの金額が比較的大きくなってしまう場合は検討しましょう。

そうでもない場合は、消耗品費でまとめてもよろしいかと思います。

 

 

 

消耗品費の税務上の注意点についてはまたあらためてこのブログ記事で書きますね。

 

 

 

勘定科目がわからない!経理・申告は専門家に依頼したい!というお客様は、
相模原・古淵の金森洋二税理士事務所にお問い合わせください。
神奈川県内・東京都内のお客様大歓迎です。


Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.