車両を買った時、使っているときの勘定科目

2014-11-13

今日は小規模企業の社長さん・経理担当者さん、個人事業主さんに向けて車両関係の勘定科目について書きます。

kuruma
 
車両を購入した場合、または使用している場合にいろいろと支払いが発生しますが、
その時の勘定科目について迷う方もいらっしゃると思います。
そのあたりで、ごくごく一般的なものを紹介いたします。
 

 

【車両購入時】

車両(本体+付随費用)
10万円未満は「消耗品費」で費用処理。
10万円以上30万円未満の場合は、少額減価償却資産として「消耗品費」か「減価償却費」として費用処理が可能です。(中小企業者等に限る。今のところ平成28年3月31日までの取得・事業共用分)
30万円以上は固定資産である「車両運搬具」として処理。

自動車取得税・・・「租税公課」
自賠責保険料・・・「保険料」
登録費用・・・「車両費」
車両リサイクル料・・・資産管理料金のみ「車両費」。それ以外は「リサイクル預託金」「前払費用」「長期前払費用」といった科目で資産計上。

 

 

【車両使用時】

ガソリン代・・・「車両費」または「旅費交通費」
車検整備費用、修理代・・・「車両費」
車検時の印紙代・・・「租税公課」
車検時の自賠責保険料・・・「保険料」
高速料金・・・「旅費交通費」
駐車場代(一時的にとめる場合)・・・「旅費交通費」

 

 

 

上記のように「車両費」といった勘定科目をつくって処理をされるとラクになるかと思います。
(ソフトメーカーさんによっては「車両維持費」といった呼び方もあるかもしれません。)

 

 

 

今回は一般的なものだけ紹介をいたしました。
特殊なものについてもご紹介できるようでしたらまたこちらで書いていきますね。
 
注)この記事は記事投稿日時現在の各種法令、規則等に従い作成しております。なお、この投稿はあくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。


Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.