運転免許取得費用は会社の経費になるか

2015-01-12

会社の従業員が運転免許を取得するための費用を、会社が負担する場合があります。
その場合、その費用は、会社の経費となるでしょうか?

 

 

答えは、「会社の経費になります」。

 

 

ただ、特に条件のないものだとしますと、その支払った費用は、「その従業員への給与」となります。
給与、なので、会社の経費、でOKですが、
給与、なので、従業員さん自身には所得税・住民税が課税されてしまいます。
(いわゆる、「給与課税」です)

 
給与課税にならないケースはあるでしょうか?
(単に会社の経費となるケース)
 

 

答えは「あります」。

 

 

以下の条件をすべて満たすと、給与課税はされず、単なる会社の経費となります。
【条件】
「その会社の業務遂行上必要なものであること」
「その職務に直接必要な技術または知識であること」
「これらの費用として適正なものであること」
 

 

運転免許がその会社の業務のために必要なものであり、
従業員の仕事上必要であり、
適正額である場合(不当に高額でない場合)
には給与課税されない、ということです。
 

 

運転免許に限らず、
資格の取得などの費用を支払う場合にも、
この基準に基づいて、判断をしてみてくださいね。
 

 

注)この記事は記事投稿日時現在の各種法令、規則等に従い作成しております。なお、この投稿はあくまでサービスの範疇にすぎず、最終的な責任について負うものではない点ご留意ください。


Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.