想いがこもったロゴマークなのです

2015-07-06

今日は当事務所のロゴマークについてお話ししようと思います。
logomark_4c

 

 

 

この鮮やかな緑の葉が印象的なロゴマークは、合資会社アイザックエレメントの藤江司人さんに制作していただきました。
出来上がったのは、いまから1年ちょっと前、当事務所の開業の直前でした。
藤江さんとお会いし、じっくりとヒアリングしていただいたうえで、素晴らしいものをつくっていただきました。

 

 

 

このロゴマークには、特別な想いが込められています。
それは以下の仕様書の文面に現れています。

 

 

 

(以下、ロゴマーク仕様書より)

 

 

ロゴマークについて

金森洋二税理士事務所のロゴマークは、ローマ字と漢字を組み合わせたロゴタイプに、セイヨウトネリコの葉をモチーフとしたエレメントを加えたものとなっています。
セイヨウトネリコは、北欧神話の「ユグドラシル(世界樹)」のモチーフとされた神聖な樹木としても知られ、その寓話的な内包イメージも

・「適応性」「柔軟性」「慎み」「高潔」「慎重さ」を象徴する。
・紋章学では「知恵の源」「知性」「たくましさ」を表す。
・花言葉は「私といれば安心」。

など、当事務所のシンボルとして吉祥を与えてくれるモチーフと判断しました。
さらに緑の葉は「人々」「適切な判断」をイメージとして内包することから、税理士事務所としてのあり方そのものであると考えています。

 

 

 

 

藤江さんがミーティングのなかで、直感的にセイヨウトネリコをひらめいたとき、僕の事務所の方向性も定まったのかもしれません。
それくらい、大きな意味をもつ、ロゴマークとなりました。
(1年経った今だからこそ言えるのかな、と思い、今までは紹介しておりませんでした。)

 

 

 

今日は、業務のなかで、反省するようなことがらがありました。
そんなときは、「このロゴマークに恥じぬよう、精進しなければ」といつも振り返ります。
僕にとって、そういった存在でもあります。


Copyright© 2014 金森洋二税理士事務所 All Rights Reserved.